ギター

  • 福田 進一 福田 進一 ギターマスタークラス  生徒 : 村治 佳織

    福田進一(ふくだしんいち) Shin-ichi FUKUDA(guitar)1955年大阪生まれ。 1981年、ラジオ・フランス主催パリ国際ギターコンクールでグランプリ優勝。 デビューから30年、その存在は今や国際的な評価を獲得している。 2007年、飯森範親指揮ヴェルテンベルグ交響楽団と共演した初の協奏曲アルバム「アランフェス協奏曲」)COGQ-25)がレコード芸術特選、音楽現代など各誌で絶賛を浴びた。 2009年にマイスターミュージックから発表したタレガ作品集「オダリスクの踊り」は、イタリアの研究誌「イル・フロニモ」で絶賛され、2010年には続編の第2集「エチュード・ブリアンテ」が好評発売中。 マイスターミュージック制作による福田のCDは、ナクソス・ミュージック・ライブラリーを通して世界中に配信される。

    fukuda02-530
  • フラメンコギター テクニックノート 瀬田彰(楽譜付)

    瀬田彰 プロフィール 14歳よりギターを始め、高田鍵三に師事する。 大学在学中よりプロ活動を開始し、1975年と1983年に渡西、セビーリャにてホアキン・ アマドールに師事する。 帰国後、1984年よりソロ・リサイタルを開始。 1986年現代ギター社より「フラメンコ・ ギター教本」、ビデオ「フラメンコ・ギター・レッスン」、1989年に「野いちご」「情熱のフラメンコ」の曲集およびCDを出版・発売。以降曲集やDVDなど多数をリリースしている。 2005年より台湾及び韓国等でコンサート活動を開始する。 ごく最近では「フラメンコギター・テクニックDVD」を2012年6月に発売した。 GG学院「フラメンコ・コース」講師などを務め後進の指導にも力を注いでいる。

    stta1
  • 瀬田 彰 フラメンコを弾きましょう! フラメンコ伴奏法 Vol.1

    瀬田 彰(せた あきら) 14歳よりギターを始め、高田鍵三に師事する。 大学在学中よりプロ活動を開始し、1975年と1983年に渡西、セビーリャにてホアキン・ アマドールに師事する。 帰国後、1984年よりソロ・リサイタルを開始。 1986年現代ギター社より「フラメンコ・ ギター教本」、エスツウ社よりビデオ「フラメンコ・ギター・レッスン」、1989年に「野いちご」「情熱のフラメンコ」の曲集およびCDを出版・発売。 1997年には楽曲「インスピレーション」「即興のルンバ」を出版して好評を博す。 また、1999年より「ビデオ併用/フラメンコ伴奏教本〜フラメンコを弾きましょう!」のシリーズを現代ギター社より出版。 同時に準拠DVDビデオも発売。 2005年より台湾及び韓国等でコンサート活動を開始する。

    fra01-530
  • 瀬田 彰 フラメンコを弾きましょう! フラメンコ伴奏法 Vol.2

    瀬田 彰(せた あきら) 14歳よりギターを始め、高田鍵三に師事する。 大学在学中よりプロ活動を開始し、1975年と1983年に渡西、セビーリャにてホアキン・ アマドールに師事する。 帰国後、1984年よりソロ・リサイタルを開始。 1986年現代ギター社より「フラメンコ・ ギター教本」、エスツウ社よりビデオ「フラメンコ・ギター・レッスン」、1989年に「野いちご」「情熱のフラメンコ」の曲集およびCDを出版・発売。 1997年には楽曲「インスピレーション」「即興のルンバ」を出版して好評を博す。 また、1999年より「ビデオ併用/フラメンコ伴奏教本〜フラメンコを弾きましょう!」のシリーズを現代ギター社より出版。 同時に準拠DVDビデオも発売。 2005年より台湾及び韓国等でコンサート活動を開始する。

    fra02-530
  • 瀬田 彰 フラメンコを弾きましょう! フラメンコ伴奏法 Vol.3

    瀬田 彰(せた あきら) 14歳よりギターを始め、高田鍵三に師事する。 大学在学中よりプロ活動を開始し、1975年と1983年に渡西、セビーリャにてホアキン・ アマドールに師事する。 帰国後、1984年よりソロ・リサイタルを開始。 1986年現代ギター社より「フラメンコ・ ギター教本」、エスツウ社よりビデオ「フラメンコ・ギター・レッスン」、1989年に「野いちご」「情熱のフラメンコ」の曲集およびCDを出版・発売。 1997年には楽曲「インスピレーション」「即興のルンバ」を出版して好評を博す。 また、1999年より「ビデオ併用/フラメンコ伴奏教本〜フラメンコを弾きましょう!」のシリーズを現代ギター社より出版。 同時に準拠DVDビデオも発売。 2005年より台湾及び韓国等でコンサート活動を開始する。

    fra03-530
  • ホセ・ルイス・ゴンサレス スペイン音楽の真髄

    ホセ・ルイス・ゴンザレス 1932年スペイン・アリカンテ県のアルコイに生まれる。 バレンシアの音楽院で音楽理論を学び、ギターはラファエル・バラケールに師事した。 若くして才能を認められたホセ・ルイスは、当時世界最高の教授と歌われたマドリッド音楽院主任教授のサインス・デ・ラ・マーサに2年間師事し、「私の生徒で最もすぐれたギタリストの一人」と讃えられる。その後、1958年には、サンティアゴ・コンポステラのセギゴビアのマスタークラスに出席し、それを契機にセゴビアの愛弟子の一人になり、この名匠から「ホセ・ルイスの音色の美しさは無類である。良い音の出し方は彼に学びなさい」との賞讃をうける。 1961年、スペインのオレンセで催された国際ギターコンクールで「マルガリータ・パストール賞」を獲得してからは、スペイン内外でコンサートを行い、どこでも絶賛を浴びる。 1062年から7年間、シドニー国立ギター音楽院ギター科教授を務める。

    gonza-530
  • 福田 進一 ギターリサイタル - 大聖堂 -

    福田進一(ふくだしんいち) Shin-ichi FUKUDA(guitar)1955年大阪生まれ。 1981年、ラジオ・フランス主催パリ国際ギターコンクールでグランプリ優勝。 デビューから30年、その存在は今や国際的な評価を獲得している。 2007年、飯森範親指揮ヴェルテンベルグ交響楽団と共演した初の協奏曲アルバム「アランフェス協奏曲」)COGQ-25)がレコード芸術特選、音楽現代など各誌で絶賛を浴びた。 2009年にマイスターミュージックから発表したタレガ作品集「オダリスクの踊り」は、イタリアの研究誌「イル・フロニモ」で絶賛され、2010年には続編の第2集「エチュード・ブリアンテ」が好評発売中。 マイスターミュージック制作による福田のCDは、ナクソス・ミュージック・ライブラリーを通して世界中に配信される。

    fukuda01-530

弦楽器 DVD教材

02vio

02cello

02gui

カイロプラクティック DVD教材

02cp
ページ上部へ戻る